利用可能デバイスについて解説

利用可能デバイスについて解説

動画を見るために必要な機器類についてなのですけど、当サイトでは大きくパソコンとスマホに分けています。

ユーザーさんが動画を見たいと思う時はこの二つのどちらかを持っていれば大丈夫です。

ただわざわざ説明コーナーを設けているのは、もう少し踏み込んだ説明をしようと思った訳でして、ここを読めば色んなことが解決するようにしておこうかなと。

デバイスという言い方をすると、パソコンの周辺機器なんかも入っちゃうから分かりにくくなっちゃうのですが、もっと大枠で話を進めたいと思います。

そもそもパソコンかスマホかという分類についてなのですが、JAVサイトについては基本ホームページベースになっているので、パソコンがあればほぼ問題なく利用できます。
ほぼと言っているのは、ちょっとマニアックなOSを使っている方について、申し訳ないのですが管理人が把握していないということで、ちょっと脇に置いておきます。

一般的にメインPCとして使用されているWindowsとMacについては同じように利用できるのは分かっていますが、Chrome OSとかよく分かりません。
Chrome OSはどちらかと言えばiPhoneやiPadなどで使われているiOSやWindowsのライト版であるWindows RTに近いものなので、スマホやタブレットと同じように考えたらいいのかもしれません。

大枠スマホと言っているのは、iOSやAndroidベースで動いているスマートフォンとタブレットを指しています。
日本ではちょっとマニアックになるBlackBerryなどのスマホについても使ったことがないのでよく分からないです。ごめんなさい。

PC、スマホ、どちらの端末を使うにしても、ブラウザでサイトの操作ができるのかということと、動画ファイルの再生ができるのかということの2点が関係してくる訳ですね。

しかも、ダウンロードして再生させる必要があるのか、ストリーミング再生が行えるのか、この辺りも関係してくるので、整理して解説したいと思います。

パソコンでできること

海外のJAVサイトを利用してパソコンで動画見ようと思っている場合、基本何も心配はありません。
Windows PCかMacをお持ちであればどのサイトでも利用できます。

再生方法としてはダウンロードストリーミングがありますが、2006年あたりのサイトはストリーミングはできず、パソコンに動画ファイルを一度ダウンロードして、保存したファイルをWindows Media Playerなどの再生ソフトを使って視聴していました。

当時からストリーミング技術はありましたが、契約しているネット回線が遅い割にファイルサイズが大きく、視聴する際にちょくちょくローディングしなければいけなかったからです。
キャッシュ技術もそれほど普及していなかったので、これは仕方のないことだと思います。

PCで動画をダウンロードしてみる場合

JAVサイトの大半は動画のダウンロードに対応しています。
一部サイトについては、ストリーミングのみの利用に限られているのですが、その場合は利用料金が安く設定されています。

ダウンロードしてみる際に必要なことは、ファイルを保存するディスク容量を確保することです。
昔のDVD画質くらいのファイルであれば、1時間程度の動画ファイルで500MBほどになっています。

しかし、現在のフルHDサイズ(1920×1080)になってくると、1時間動画で3GBくらいの大きさになってしまうのでかなりの容量が必要になります。
しかも、2時間動画などもあり、その場合は6GBのファイルとなるのですが、古いPCを利用している場合にHDDのフォーマットがFAT32という規格であることも多く、その場合、1ファイルあたりのファイルサイズ上限が4GBなので容量が確保されていても保存すらできないということになります。

なのでパソコンを利用して動画をダウンロードする場合は、先にお持ちのパソコンのフォーマット形式を確認しておくほうが良いでしょう。
保存するドライブのプロパティを見ていただいて、「ファイル システム」がNTFSかexFATであれば問題ありません。

そうやって保存した動画ファイルについても、形式によって再生できないことがあります。
これは動画の圧縮方式の変化なのですが、以前はWindows PCであれば最初からインストールされているWindows Media Playerで再生できるWMV(ウィンドウズ・メディア・ビデオ)形式で圧縮して利用していました。

しばらくの間はWMV形式での配信が続いていましたが、時代の流れで技術が進み、ストリーミングの導入もあって、MP4(H.264/MPEG-4 AVC)形式が使われるようになったのですが、古いWindows Media PlayerではMP4の再生に対応しておらず、別途MP4用のコーデックをインストールするか対応しているプレイヤーソフトをインストールする必要がありました。
新しいOSでは最初からMP4を再生できるので、この問題は発生しません。

パソコンで動画をダウンロードして再生するのはほとんどどのJAVサイトでもできるのですが、意外と手間がかかることもあり、パソコンに疎い方は新しいOSを導入したほうが良い状態になっています。
動画が高画質になった分、再生するのにパソコンのパワーも必要になっているので、新しい作品を見るならパソコンの買い替えも必要になる場合があります。

それでもJAV作品を保存していつでも視聴できるようにしたいのであれば、パソコンのスペックや保存領域の確保などの環境の整備は必要です。

PCでストリーミング視聴する場合

パソコンで動画を保存せずにストリーミングで見ようと思ったら、ダウンロードよりも考えることは少ないです。

ですが、ストリーミングに対応しているJAVサイトでなければいけません。
これはダウンロードに対応しているサイトよりも数が少ないので、選択肢が狭まることになります。

そうはいっても、ストリーミングに対応しているJAVサイトは新技術を積極的に取り込んでいこうという姿勢をもっている良いサイトですし、動画作品の質も良いことが多いので、ストリーミングに対応しているということをサイト選びに迷った場合の指標にしてもいいでしょう。

さて、パソコンでのストリーミング再生については、みなさん経験あるでしょう。
ネットニュースでも動画配信を行っていますし、エロ動画サイトであればサンプルをみるときに利用しているはずです。

ストリーミングでJAVサイトを利用するのも上記とさほど変わりません。
違うことと言えば、ファイルサイズが大きめなうえに、動画配信用のサーバーからの距離があるので、ネット回線の速さが必要になるということです。

昔のようにISDNとか電話回線を利用している方は少なくなっているので、ADSLとか光回線とかのブロードバンドを利用していらっしゃると思いますのでそれほど心配することではないのですが、ADSLを利用していて基地局から遠い方はファイルのローディングがたまに発生するかも知れません。

それに、ストリーミングの場合は再生する動画のビットレートを選べることも多いので、画質は悪くなりますが低いビットレートを選ぶのも良いでしょう。

あとユーザーさん側ではどうしようもないのですが、夜の9時くらいから深夜1時くらいまでの時間帯は、利用者が集中するので込み合うことがよくあります。
サイト側もある程度は余裕を持てるように回線を確保しているのですが、サーバーのほうの負荷はどうしようもありません。
回線を太くしてサーバーを分散させたとしても限度があります。

ストリーミングでの再生が使い物にならない場合も発生するので、パソコンを使っているならそのときはダウンロードして視聴するのが良いでしょう。

手軽に利用できるのがストリーミングなのですが、その手軽さゆえに利用者も多いので、その点は注意が必要です。

スマホでできること

スマホでできることというか、パソコンではできてスマホではできないことというか、デバイスで見た場合のスマホは持ち運びも楽ですしどこででも利用できるのがメリットです。

基本的にネットにもつながっている状態なので、環境を整える必要がありません。

ただ、iPhoneやiPadなどのiOS端末はダウンロードができないので、ストリーミング専用となります。
Android端末はダウンロードできるのですが、JAVサイト側が用意しているスマホ専用サイトでは制限のあるiOSに合わせて作っていることもあり、ダウンロードの機能自体ついていないことがほとんどです。

それに、動画ファイルはサイズが大きくて、Wifi環境化で利用していたとしても、ダウンロードにはかなりの時間がかかります。
はっきり言って、スマホの利点が分からなくなるほどですし、キャリア回線でダウンロードしようとしたものならすぐにリミットがかかってしまうでしょう。
そうなるとより回線が遅くなってしまうので、ストリーミングさえままならなくなります。

スマホで動画をダウンロードしてみる場合

Android限定の話になりますが、必要というかなんというか、Wifi環境は必須です。
保存してみることが前提なので、保存領域も豊富に確保しておいたほうが良いです。

数百MB~数GBのファイルをいくつも保存することになりますからね、128GBくらいのSDカードは欲しいところ。しかも数枚レベルで。

その次に考えるのは再生するためのプレイヤーの問題です。
Android端末は最初からインストールされているプレイヤーでMP4ファイルの再生はできるのですが、WMVの再生には対応していません。

JAVサイトで使用している動画形式は、ほとんどがWMVとMP4なので、WMVの再生に対応したプレイヤーをインストールする必要があります。
MX Player」というアプリで再生できますので利用してください。

実際のところ、JAVサイトからダウンロードするのが難しいので悩ましいところです。
基本的に、スマホの利点を活かす意味でも、スマホでのダウンロードは考えないほうが良いでしょう。

スマホでストリーミング視聴する場合

スマホやタブレットでJAVサイトを利用する場合は99%こっちになります。

iOSにしてもAndroidにしても、対応バージョンがあり、いくつ以上のOSという書き方で注意がうながされているのでご注意ください。

スマホ対応のJAVサイトであれば、対象スマホデバイスに対応させてサイトを作っていますので苦も無く利用できるでしょう。

ただ回線についてはWifi環境は利用してくださいね。
スマホ用に画面サイズを小さくして配信していると言っても、ひとファイルあたり数百MBはあります。
数本のJAVを視聴しただけでリミットです。1GB増やしてもあっという間ですからね。

ストリーミングの場合は、JAVサイト側で配信している動画ファイルの形式をMP4にしていますので、別途プレイヤーなんかはいりません。
再生して数秒は動画の読み込みに時間が必要となりますが、その後はスムーズに再生できるのが普通です。

ただ楽しむだけですね!

スマホメインでJAVサイトの利用を考えていらっしゃるのであれば、下記リンクより「スマホ(iOS・Android)で遊べるJAVサイト」をご覧ください。

大画面テレビで動画を見るには

たまに動画をテレビで見ることはできますか?という質問がくることがあります。

もっともなことで、パソコンのモニターは家庭用だと21インチ程度でしょうし、ノートパソコンだと大きくても15インチほど、タブレットは数インチほどですし、スマホだと6インチ前後といったところでしょう。

やっぱり40インチとか50インチ以上の大画面テレビでみたくなるのはとても分かります!

先に答えを言ってしまうと、HDMIの入力端子がついているテレビであれば普通に見ることができます。
というか、テレビをただのモニターとして使えばいいだけなんです。

地デジに対応したテレビであれば、HDMI端子はついていますから、ほとんどのテレビが対応可能と言えます。

もちろんパソコン側にも出力端子は必要になりますが、HDMIの出力端子がついていなくてもHDMIへの変換アダプターも売っていますし、テレビにパソコンの映像を映すのは簡単なんです!

スマホのほうはおなじみですよね。CMでもスマホの画面をテレビに映せることを謳っていますし、それ自体もう一般的でしょう。

要は、テレビ画面をモニターとして使うというだけなので、大した問題ではないんです!

大画面テレビを使って、フルHD画質のエロ動画を楽しんでください!